情報学研究科システム科学専攻 研究室紹介、システム構成論講座

  • 人間機械共生講座
  • システム構成論講座
  • システム情報論講座
  • 応用情報学講座

システム構成論講座

システムはその環境及び自己自身に関する知識や情報を取得し、自らの安定化とその機能の高度化を実現しなければなりません。そこで, 生物や人間のもつ適応や学習能力を人工的に実現するための理論、およびシステムの高度な機能のモデル化や情報処理に関する数理的理論に関する教育・研究を行います。

適応システム論分野

確率モデルにもとづく情報処理へのアプローチ

生物や人間が持つ「適応、学習、推論」などの能力を人工的に実現することを目標 に、 そのために必要となる理論的諸問題の解明に取り組みます。人工知能、パターン 認識、データマイニング、ディジタル無線通信などへの応用を念頭におきながら、 確率モデルにもとづく情報処理、情報統計力学、情報通信の理論、機械学習などに 関する研究・教育を行います。

適応システム論分野研究室

数理システム論分野

確率・統計手法によるシステム数理の解明をめざして

統計学と機械学習の方法論を探求します。データサイエンスや人工知能を支える理論的基盤として統計学は重要な役割を果たしています。現実のデータに取り組むことが理論や手法の発展につながります。数学とプログラミングのどちらも重要と考えています。

数理システム論分野研究室

このページのトップへ